子どものためのピアノコース

  🔷幼児コース

 対象:年少さん(4歳〜)

 

 お子様が「ピアノひきたい」と

 言っている、又は 興味がある様子でしたら

 始めるのに良い時期と言われています

 

 この時期に大切に育てていきたいのは 

 自発的に「やりたい!」という気持ち。

 

 手の形やリズム打ち 拍の取り方 和音の聴き取りなど

 繰り返し 真似て することを 面白がりながら

 とても集中してやってくれます

 

 時にはすぐにできないこともあります

 そんな時は

 「大丈夫。何度でも挑戦しようね。

  きっとできるようになるから。」と

 

 やさしく お家の方と一緒に “励まし言葉”を

 かけていきましょう

 

 温かく見守っていくことで

 少しづつ少しづつ上達し、自信がついていきます

 

 小さいお子様にとってピアノはとても大きな楽器。

 鍵盤も重い。

 最初は5本の指を独立させて弾かず 

 

 パー の形 グー の形 1本づつ と

 手に負担をかけないように 指導していきます

 

 歌とリズムがレッスンの中心で

 譜読みにつなげていきます

  

 

 主な使用教材

 うたとピアノの絵本

 プレピアノランド

 ピアノひけるよジュニア

 ピーターラビット ピアノ教本

 ロシア奏法によるピアノ教本はじめの一歩

 オルガンピアノの本

 ピアノとソルフェージュの本みみをすます

 4才のリズムとソルフェージュ

 5才のリズムとソルフェージュなど

 

 

  

 🔹小学生コース

  

  楽譜を「見て」「聴いて(歌って)」「弾く」

  を基に 譜読みの練習をしていきます

  

  ピアノを弾く手を作りながら 曲調にあった音色を

  探り 表現力を磨いていきます

  ノンレガート スタッカート レガート奏へ 

  

 

  最初に良い手の形を作っておく とても大事な時期です

  姿勢よく 肩・肘・手首に余計な力が入らないよう

  又 腕と指先の使い方など 教本を通して

  曲を仕上げながら テクニックをつけていきます 

                   

           

◇使用教材

クラシック:

 『ロシア奏法によるピアノ教本 はじめの一歩1〜3』

『みみをすます』『セイモアのピアノの本』『バイエル下巻』

『うたとピアノの絵本』『リズムとソルフェージュ シリーズ』

『ピアノひけるよシリーズ』『オルガンピアノの本』

『ピアノランドテクニック』

『トンプソン現代ピアノ教本』『ピアノ小曲集』

『ピアノ演奏基礎教本』『ピアノのためのたのしいあゆみ』

『こどものハノン』『ブルグミュラー25番』

『プレ・インヴェンション』

『チャイコフスキー こどものためのアルバム』

『ソナチネアルバム』 

『マイカパルピアノ小品集』

『ツェルニー100番』等

 

 ポピュラー

 ・ジブリ・ディズニー・アニメ・映画等の曲集

 ・ビリーブ  翼をくださいなど 

   弾きたい曲にも取り組んでいます